www.

EVO

種類: グラッパ・リゼルヴァ
アルコール度数: 42% Vol.
蒸留方式: 単式ならびに半連続式蒸留器による蒸留。装置は真空環境で稼動
原料葡萄: カベルネ・ソーヴィニヨン、グレラ、インクローチョ・マンツォーニ
熟成樽: 在来種の各種木材製樽。樫。クリ、サクラ、ブナ。
熟成期間: 平均4年
色: アンバー調の濃い茶色。
香り: トップノーズは干し葡萄に甘草、クルミ、シナモン、バニラの香りが混じり合います。熟したナツメヤシ、クリーミーなカラメル、ヌガー、イナゴマメの「甘い」香りが優雅なブーケのような印象を残しています。アルコールの刺激的な香りはありません
味わい: 繊細かつしっかりとした質感。綿菓子、バニラ、熟したプラム、シトラス調の感覚。複雑で滑らかな味を誇ります。
余韻: ドライフルーツのトーンとスパイシーなノートが心地よいアルコールの感覚に優しく包まれ、豪華な後味を持っています
EVOはグラッパ(ブドウの搾り滓であるヴィナッチャを蒸留)の一種で、木製の樽に18カ月以上熟成されているため「リゼルヴァ」と定義されます。使用される樽は様々な種類の木材で、必ずしも新樽ばかりを使用しているのではありません。

材質ひとつひとつが製品に独特の性格をもたらします。生産年や期間、材質など様々な熟成状況で、EVOの色や成分に微妙な違いが表れます。その後、職人技を有するブレンダーによって安定的な味わいに仕上げられます。EVOには着色料などは使用されていません。その「ニュアンス」は樽の中で長い期間にわたり熟成された結果与えられるものです。EVOは新しい蒸留技術のお陰で、極めて希少なエッセンシャルオイル(トラッチェ)を含むようになり、飲みやすい味わいを再現しました。もちろんメチルアルコールの含有量も法定最低値を下回っています。